FC2ブログ

DOUBLE EDGE SILVER & LEATHER  “オーラの泉 伊原剛志編” テレビ朝日

司会・国分太一、愛の伝道師・美輪明宏、スピリチュアル・カウンセラー・江原啓之のお3方が
繰り広げるオーラの泉。
冒頭でのトークで 「1年があっという間…。」 と太一君が切り出すと、「それはもうなのよ!」
と切り返してくる美輪さん。
にぃ3も、一年がめちゃくちゃ早いんですけど…。(笑) 若くないから、いっか……。(泣)

今回のゲストは1963年11月6日、福岡県生まれ。
「硫黄島からの手紙」 でハリウッド映画出演と、ますます “役者道” に磨きがかかってきた、
伊原剛志さんです。
実は先週の予告を見て、「伊原さん、何か変わったね。」 「肩の力が抜けて余裕が出たカンジ?」という会話がにぃ3 & みぃ3の間で交わされていました。番組の進行が楽しみです♪


“DOUBLE EDGE” では、ショップのオリジナルデザイン&ハンドメイドにて、
銀モノ (シルバーアクセサリー等) と革モノ (レザー小物等) を制作・販売しています。
東京・吉祥寺の東急裏、ウイングビルの3Fです。


スピリチュアル・チェック
性格を一言でいうと? わがまま。緊張しい。(きんちょうしい)
小さい頃なりたかった職業は? パイロット。体育の先生。
マイブームは? 英会話。
何か怖いものは? 人間。
生まれ変わるなら何になりたい? 世の中の平和な事に役立つ人間。

人生最大の緊張を今年した…という伊原さん。
クリント・イーストウッド監督の映画、 『硫黄島からの手紙』 に出演された時に、撮影の仕方、
ハリウッド・スタイルの待遇に緊張とビックリの連続だったとか。
最初ピックリしていた事も、伊原さん曰く 「人間って不思議なもので、慣れるんですよね。」 と。(笑)
さすがに、日本とは全く違う撮影の段取りには、毎回緊張していたと語っていました。

ハリウッド映画出演が機会となり、マイブームになっているのが英会話。
これには、何か前世との関わりがありそうで…。
美輪さんと江原さんが目を合わせてニンマリでした。

幼い頃は毎日ケンカ (殴り合い) をしていたという伊原さん。
ある日 “殴り続けていたら死んでしまう” と気付き、ケンカを止めたとか…。
そんな伊原さんも現在では3人の子どものお父さん。
自分自身が母親の背中を見て育ったせいか、 『自分の生き様 (背中) を息子達にどう見せるか』が教育方針だと。
これに美輪さんは 「親が恥ずかしくない生き様を見せる事が何よりも教育になる。」 と語っていた。

精神的な波が激しいと言う伊原さん。
江原さんは 「憑依体質の典型。」 と。
その体質がここ何年か安定してきたらしい。
昔を振り返ると、 「よく今まで生きてこれた。行動を思いが裏腹になり、それがエスカレート
するととても危険な状態になってしまう。」 と江原さん。
これに伊原さんは 「20歳代に色々な事が許せなくなり、その結果として自分が許せなくなり、
死んでしまおうと思った事がある。」 と告白。
それが徐々に変わっていったらしい。
美輪さんは 「人生の魂の学びが進化した。」 と語っていた。


オーラのカルテ
オーラの色…
ブルー (冷静) が色濃く出ている。そしてのオーラ (情愛、頑固) やのオーラ (英知 )が
出ている。
とてもめずらしいオーラの色の出方で、常識に収まらない人。
このオーラの色と、憑依体質ということで考え方がコロコロ変わってしまう。
事実、現在の奥様を知り合った時に 「今日はどんな人?」 (笑) と言われていたとか。
しかし、ここ数年で器が大きくなり、受け入れる余裕が出来てきた、と江原さんは語っていた。

前世…
イタリアに移り住んだ人。商売で成功し、隣国からイタリアへ移住したが、商売に失敗。
コミュニケーションに言葉が重要と言うのはこの時からの影響。
その後、酒場でのケンカが原因で人をあやめてしまう。この事から人が変わり、人との関わりを
避けるようになる。
そして、この前世でずーっと身の回りの世話をしていてくれたのが、今の奥様。
無償の愛で支えてくれている奥様のおかげで人生が変わったとか。

守護霊…
中国の書家
伊原さんは今まで誰にも言っていなかったが、今年から書道を始めたと。
手紙をちゃんと書きたいという気持ちから始め、2時間の間ずっと集中している事が
心地良いらしい。
これは、目を患った守護霊さんの影響で、最近目がかすむ伊原さんを “書で癒す” という事だと。
映画 『硫黄島からの手紙』 では、失明する役だったとか…。必然なのでしょうか?

伊原さんからの質問…
今年亡くなってしまったお母さんが、夢に出てこないのはなぜか?
江原さんは 「理由は2つ。1つ目は伊原さんが怖いから。2つ目はちゃんとした時間に
寝てくれてないから。」 と。


スピリチュアル・メッセージ
家族に傷付き
 家族を傷つけながら
それでも家族の意味を深く考えた人
そんな人は最高の学びをして
(家族からの) 卒業式を
迎えられるのです
   江原啓之 スピリチュアル処方箋より


オーラの言葉
親が子どもに
恥ずかしくない
生き様を見せるのが
何よりの教育

「子どもは
親の背中を見て育つ」


次回のゲストは 檀れい さんです。
父の死… 悲しみを乗り越えて
                                  (にぃ3)

当ショップのサイト、“DOUBLE EDGE -本館-” ならびに
“DOUBLE EDGEの小部屋” もあわせてご覧下さい。

ウェブサイト “DOUBLE EDGE本館” は↓
DOUBLE EDGE 本館はコチラ♪

ケータイHPは↓
ケータイHPはコチラ♪

↓ ランキングに参加してます。ポチっとしてね♪


   
  

テーマ : メンズファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

DOUBLE EDGE SILVER & LEATHER  “オーラの泉 友近編” テレビ朝日

司会 ―― 国分太一
愛の伝道師 ―― 美輪明宏
スピリチュアル・カウンセラー ―― 江原啓之

冒頭でのトークの場面…
ゲストからのメッセージを披露する国分さん。
「私は生まれてこの方、一度も心が晴れたと思うことがありません。
どうぞ今日はそんな私の気持ちをすっきりさせてください。」
このメッセージを読み終えると、間髪いれずに
美輪さんは、
『無理!』
と一言。
「また、来週~。」 と番組を締める国分さんでした。(笑)


東京の吉祥寺・東急裏で、ショップのオリジナルデザイン&ハンドメイドで、
銀モノ (シルバーアクセサリー等) と革モノ (レザー小物等) などを
制作・販売しているショップ、
 “DOUBLE EDGE” です。


今回のゲストは1973年2月15日 愛媛県生まれ。
大学時代から活躍していた地元のテレビ局のレポーターを経て、お笑い芸人へ転身。
様々な役を演じ、笑いへと導く 友近さんです。

スピリチュアル・チェック

性格を一言で言うと? 頑固で協調性がない。
趣味は何? 人を見ること。
苦手なものは? 自分とは合わない人。暗いところ。
「美しい」 から連想するのは? 着物と湖。
人生の大きな転機はいつ? 26歳の頃。
自分のオーラはどんな色? 紫。+ と - のオーラがいったり、きたり。

「どうぞ、死刑台へ。」 という美輪さんの先制パンチで始まった今回の放送。
「緊張しますねぇ。」 と言いながら、「今回は隠し事なしで、全てをさらけ出します。」 と
宣誓をした友近さん。美輪さんの不敵な笑い声が…。

姉と エチュード (状況や場面、人物の性格だけを設定し、役者が動作や台詞を創造していく
即興劇) を、生活の中で繰り返していたという友近さん。
美輪さんは 「ご家庭がニューヨーク アクターズ スタジオ(ダスティン・ホフマン、メリル・
ストリープなどを輩出した俳優養成所) だったのね。」 と言うと、国分さんは 「どこでしたっけ?
場所は。」と質問。
「愛媛の松山です。」 と友近さん。
知らず知らずのうちに、今の芸の訓練をしていたようです。

“心が晴れない” というメッセージの内容から、スピリチュアル・チェックでもあった、
オーラの話へ。
江原さんは 「霊性のオーラは人生の中で大きな転機がない限り、基本的に変わらない。
変化があるのは感情のオーラ。感情のオーラの変化が激しい人は、精神が細やかで
気が弱い。
気の強さと弱さが共存しているために、自分のテリトリーでは強さが強調され、それ以外では
防御体制に入り、心が閉ざされてしまう。」 と友近さんを通して語っていた。


オーラのカルテ

「すっきりしない人生」 を 「すっきりとした人生」 へと変えていくには、自分自身を理解する
ことから…という江原さんの言葉から始まり、前世の話へ。

前世…
日本の明治か大正時代。16、7才の頃に嫁に出るが、子どもが出来なかった。
その当時、“子なきは去れ” という風潮から家を追い出される。
その後 『自分は夜叉になる』 と決心し、水商売の道へ入る。26才の頃に商売を独立。
その後、恨み (金銭がらみ) から大好きだったお酒に毒を盛られ毒殺。
それまでに築いてきたものを全て奪い取られるという、壮絶で悲惨な人生を送ってきた。
その思いから今世では人生の巻き返し → リベンジ人生。

美輪さんは 「それ以外の前世も悲惨な人生ばかりを繰り返してきた。今世になって、やっと
幸せを得る学科に入った人生。」 と語っていた。

オーラの色…
赤いオーラ (情熱) に黒が混じっている。

「魂を清い方へ。」 と江原さんからアドバイスが…。
“嫌なものの価値観” 、 “嫌なものを言い合える” 人といることが心地良いと語っていた
友近さん。
「口から出た言葉は言霊となり、人の悪口を言い合って喜んでいると、自分の周りをどす黒い
もので覆ってしまう。自分を汚してしまう。」 と江原さん。
「悪口や愚痴は自分を取り囲む。そうなると自分の周りの事が全て “-” (マイナス) の方向へ
進んでゆく。運を良くするのも悪くするのも自分次第。」 と美輪さんは語っていた。

前世で願掛けや呪いを掛けていた影響から、今世でも変なジンクスやおまじないを引き寄せて
しまう。
「気持ち悪いエネルギーを放っている。」 と江原さん。
努力をせずに、楽をして得ようとする思いは、呪いと一緒。
色々な占いをやったり、呪詛 〔じゅそ〕 (特定の人に災いがかかるように神仏に祈ること) を
やったりすることは、自分の世界を汚すことになる。
現世利益ばかりで、心の幸せのアドバイスになっていない。

ここで江原さんから―――
霊能者は当たり外れではないと。
- × - = +
+ × + = +
結果は同じように思えるが、+ × + は何かを失ったとしても幸せを実感させる。
- × - は失ったことを恨みにしてしまい、人を蹴落とす方向へ導く。
- × - は前世で終わりにし、陽の道を歩んでゆけば心の曇りは晴れ、自分をさらけ出せる
ようになってゆく。と語っていた。

美輪さんからも ―――
運を良くしたければ、微笑んで優しくしていれば良い、と。
これに江原さんが付け足し、
波長の法則 (類は友を呼ぶ )―― ネガティブな人の周囲には同じ波長の人が集まる。
カルマの法則 (自らまいた種は自ら刈り取る) ―― 人を幸せにすれば自分も幸せになる。
偶然はなく、必然。と語っていた。

この話を聞いた友近さんの後ろには、ようやく白衣観音 (災いを消し命を延ばす功徳がある) や
守護霊さん (料亭の女将) の姿が見えるようになってきた。

美輪さんは 「芸も優しさが溢れていればいい。菩薩行 (他者に対する慈悲を重視し、
最高の悟りに到達しようとする修行) = 人生を歩むことを 「ご苦労様」 という気持ちで
お客様に接し、自分のエネルギーを見ている人達にお貸ししましょうという気持ちで
舞台に立てば自分もどんどん伸びていく。」 とアドバイスを送った。
江原さんは 「登場人物の人生を演じられれば、芸に深みが増してくる。人生の裏側も全て
表現できる人。」 と付け足した。
お二人のアドバイスを聞いた友近さんは、
「見えてきましたね!」
と決意を新たにしたようでした。

エンディングトークでは…
今回の出演が決まった時に “自分の人生の転機だな” と思ったという友近さん。
国分さんはそんな心構えで今回の収録に望んだ友近さんに、
「ただ心配だったのが、友近さんがずーっと芸人としてのトーンでこなかったのが…。
途中、一般の人が座っているのかと思った。」 と。 (笑)
最後には、国分さんのフリから、しっかりと中森明菜さんのモノマネを披露してくれました。

スピリチュアル・メッセージ
ネガティブな人の周囲には
同じ波長の人が集まります
素晴らしい人と出会いたいなら
まず自分自身が
ポジティブになることです


オーラの言葉
運が良くなりたければ
微笑んでいれば良い
人に優しくすれば良い
思いやりと優しさで
運は開ける


次回のゲストは 伊原 剛志 さんです。
人生を変えた 前世から続く妻の愛


今回の放送で、なぜか何年か前からずーっと気になっていた
白衣観音の功徳について知ることが出来ました。
まさか、この番組で知ることが出来るとは!
これも必然?なのでしょうか。                   (にぃ3)

当ショップ “DOUBLE EDGE” の作品の STOCK OUR状況などは、
ウェブサイト “DOUBLE EDGE -本館-” をご覧下さい。

ウェブサイト “DOUBLE EDGE本館” は↓
DOUBLE EDGE 本館はコチラ♪

ケータイHPは↓
ケータイHPはコチラ♪

↓ ランキングに参加してます。ポチっとしてね♪


   
  

テーマ : おすすめ情報・お買得情報
ジャンル : ファッション・ブランド

DOUBLE EDGE SILVER & LEATHER  “オーラの泉 堀ちえみ 編” テレビ朝日

今回のゲストは、1967年2月15日、大阪生まれ。
15歳でデビューを果たし、離婚、再婚、2度の大病を経て、今では5人の子どもの
母親として芸能界で活躍中の堀ちえみさんです。


“DOUBLE EDGE” では、ショップのオリジナルデザイン&ハンドメイドにて、
銀モノ (シルバーアクセサリー等) と革モノ (レザー小物等) を制作・販売しています。
東京・吉祥寺の東急裏、ウイングビルの3Fです。



スピリチュアル・チェック
性格を一言で言うと? プラス思考。
元気の源は? 子どもたちと思いっきり笑っていること。
穏やかな気持ちです。何をしている? 月を見ている。
最近、気になる事は? 何のために今自分が生きているのか。

子どもは大人社会の鏡…というところから、食事 (栄養の偏り) 、音(街にあふれる不快音)、
服装、髪型、街の風景、そしてエゴなど、人間をとりまく環境に問題がある。
愛の伝道師の美輪明宏さんは 「これはもう個人のレベルではなく、あらゆる企業・産業が
手を組み、社会環境作りをしなければならない。
様々な業界の人間が、 “情緒障害の原因を作らない” というテーマの下に動いていかなければ
ならない。」 と語った。


**********

子どもは社会の鏡
変色、イライラさせる音
凶器が似合うような服装…
社会環境の複合的な原因が
親、そして子どもたちの情緒を乱す

**********

堀さんから 「子どもたちに輪廻転生 (生まれかわり) について、どう教えたら良いのか?」
という質問が出た。
スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんと美輪さんは、 “最近、いじめを苦に思い
自ら命を絶ってしまう子どもが多いが、生まれかわりの考え方に誤解がある” と。
生まれかわる為にはとても大きなチャンスが必要。
そして、自分で自分の人生を絶ってしまった人がたとえチャンスを手にし、生まれかわった
としても、一度経験したことをもう一度やり直さなければいけない。
骨折り損のくたびれ儲けになってしまう。
今世で生を受けたなら最後まで全うし、来世では次のステップにチャレンジした方が良い。

いじめについて…
美輪さんは 「江戸時代の昔からいじめはあった。それを最小限に留めていたのは
“恥の教育” があったから。いじめは恥知らずのみっともない人間がする事。
“恥を知れ” という教育がない。」
江原さんは 「番組を通じメッセージとして送りたいことは、目に見えないものに対する
敬い・畏れがなくなったこと。目に見える事しか秤にしていない。
しかし、私たちは目に見えない大きな力の中に生かされている。」 と。
其のことに美輪さんは 「天知る 地知る 我知る」 天も見ている、地も見ている、何よりも
その恥を自分自身が見ているという言葉を付け加えた。
美輪さんと江原さんは 「社会の中で生きている人間が反省をし、実行に移す時が来ている。」
と語っていた。

**********

いじめは恥知らずの犯罪行為
自殺は骨折り損のくたびれ儲け
簡単に生まれかわれるわけではない

**********

やさしい思いやりのある子に育てるには…
江原さんは 「過干渉、過保護はダメ!経験と感動が思いやりを生む。」
美輪さんは 「思いやりは想像力。想像力は質の高い詩や俳句を読む事で養われる。」 と語った。

そして、もう一つ…
神頼みの誤り。何でも神頼みの人には何のメッセージも来ない。
自発的な努力と想像力があってシンクロニシティ (偶然の一致) が起こる。
根本的に実践をし、大人になること。

**********

思いやりは 想像力
過干渉・過保護は止めて
経験と感動を与える子育てが
思いやりのある子どもを作る

**********

堀さんと5人のお子さんの話では…

堀さんは 「5人の子どもたちに働く意味を与えてもらった。」 と。
「人は自分の為には生きられない。求められる・望まれることが生きる力になる。必要と
されない人は一人もいない。それを知ったことにより、堀さんはよりいっそう強くなった。」 と
江原さんは語っていた。

大病で生死の境をさまよっていた堀さんは “生きている” から “生かされている” に
考え方が変わったとか。
美輪さんは 「その病気は堀さん自身や周りの人たちが “考えかた” の勉強をするために
必要だったものだった。」 と語った。
「今回の出演に関しても、番組の内容からしても、堀さんはこれから社会の子どもやお母さん
たちに対して色々な役割を持たれる方。子どもが大きなキーワードになっている。」 と
江原さんは語っていた。このことはどうやら前世に関わる事らしい。

前世…
ヨーロッパ (ウィーン) で酒蔵に嫁いだ女性。男の子を産んだ後に家を追い出され
修道院に入る。
前世では跡取りとして男の子を取られたが、今世では周りの反対を押し切り、死ぬ覚悟で
自分の子どもを連れて来た。
“死ぬ気で連れて来る” という決心は前世で思いがあるからと江原さんは語っていた。


次回のゲストは友近さん。
生まれて一度も心が晴れたことがない?!                 (にぃ3)

当ショップのサイト、“DOUBLE EDGE -本館-” ならびに
“DOUBLE EDGEの小部屋” もあわせてご覧下さい。


ウェブサイト “DOUBLE EDGE本館” は↓
DOUBLE EDGE 本館はコチラ♪

ケータイHPは↓
ケータイHPはコチラ♪

↓ ランキングに参加してます。ポチっとしてね♪


   
  

テーマ : 冬ファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

DOUBLE EDGE SILVER & LEATHER  “オーラの泉 陣内孝則 編” テレビ朝日

冒頭でのトーク…
今回のゲストの印象について、司会の国分太一さんが質問すると、愛の伝道師の美輪明宏
さんは “地球外生物” のような人と語り、スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんは、
しばし沈黙の後 「…後にしましょう。」 (笑)
そして、美輪さんの 「目も当てられない結果になると思うわよ。」 という締めの言葉が…。
オソロシイ事になるかも?

今回のゲストは1958年8月12日、福岡県生まれ。
ロックバンド “ロッカーズ” のヴォーカリストから俳優へと転身。
様々な役柄をこなし、お茶の間を楽しませてくれる陣内孝則さんです。


DOUBLE EDGE――東京・吉祥寺の東急裏、ウイングビル3Fで、
銀モノ (シルバーアクセサリー等) と革モノ (レザー小物等) をショップの
オリジナルデザインで制作・販売をしています。



スピリチュアル・チェック

性格を一言で言うと? 先祖代々の短気。
無くなったら困るものは? 2年前から飼っている愛犬。
好きな言葉は? 聖書の言葉で、 『ドアをたたけ さすれば開かれる』
元気になる為に何をする? 革ジャンを買いに行く。
不思議な体験は? おととし時代劇で切腹のシーンを撮影した後、腹膜炎で本当に切腹
          してしまった。
今の心境は? こんな素晴らしい番組に出られて感無量でございます。
          →「ウソくせぇ」 (太一君) 

トークが始まるやいなや、太一君と絶妙な掛け合いで笑いをさそっていく陣内さん。
“春風駘蕩 〔しゅんぷうたいとう〕 (春風がのどかに吹く様。転じて性格がのんびりして
いること) な方” というお言葉を美輪さんからいただき、恐縮する場面も。 (笑)
そんな陣内さんはスピリチュアルな世界には半信半疑だとか…。
時が経つにつれ、心の変化はあるのでしょうか?

腹膜炎で手術をし、退院の日に衝動買いをしてしまったという愛犬 “スパンキー” 。
なんと陣内さんが手術をした日に生まれたワンコだったとか。単なる偶然?
江原さんに促され、太一君は 「この世の中に偶然はありませんから。全て必然ですから。」
と。
これに陣内さんは 「何となく君の顔がインチキ臭いんだよ。」 と反撃されてしまいました。(笑)

江原さんは 「幽体のオーラ (健康状態や感情を表すオーラ) を見ると、常に神経がピリピリ
していて、身体が休めていない状態にある。」と。
陣内さんは 「正におっしゃる通りです。」 と返した。
美輪さんは 「芸術家の典型的な資質。神経が身体の外側にまで張り巡らされている。
芸術家にとっては絶対に必要な事。しかし、肉体は悲鳴を上げる。」 と。
「無心になれるという事で、愛犬に救われている。」 と江原さんは語っていた。


オーラのカルテ

健康状態がとにかく心配。愛犬によって助けられている事が多い。
実はこの愛犬は、過去の恩を返す為に今世で会っている。前世では犬ではなく馬だった。

今までの前世の中で大きな犠牲を払ってきた為に、ご神霊に可愛がられている人。
家系自体が徳を積んできている。

前世…
キリスト教の殉教者。 正義を貫くために十字架に磔にされ、亡くなっている。
武士。 愛犬はこのときの愛馬。武家社会が嫌になり出家し、僧侶に。
陣内さんの前世は宗教家が多く、徳をたくさん積んできている。
その為に、窮地に追い込まれた時には必ず助けの手が入る。
江原さんに見える光景は正に “千手観音 (千の慈手と慈眼を持ち、人々を救うといわれる
観音様) ” が手を出している様だとか。
陣内さんは 「ラッキーだなァと思う事が多々あった。」 と語っていた。

江原さんは 「くどい様ですけど、体を大事にすること。」
美輪さんは 「呼吸法をマスターすれば良い。背筋を真っ直ぐにし、身体を左右対称にして、
ゆっくりと鼻から息を吸って、糸の様に口から吐く。すると、身体のリズムが正常に戻る。」
とアドバイスを送った。

終始笑いの中で進んでいった収録でしたが、最初、半信半疑だった陣内さんが、最後には
真顔になり 「信じるよ、この世界」 と語っていたのが印象的でした。


スピリチュアル・メッセージ
感情や健康状態を表す
「幽体のオーラ」 が気になります
夜を考え事の時間にしないで
睡眠と充分な休息を
そして 「無心になれる時間」 を大切に



オーラの言葉
遊んだり 憎んだり ケンカしたり 笑ったり…
思い出の積み重ねが
親子や家族をつくっていくのです
プラスもマイナスも全部ひっくるめて
その思い出が 家族なのです
 美輪明宏 「愛の話 幸福の話」 より



次回のゲストは 堀ちえみ さんです。
美輪・江原が語る 生き抜く勇気と意味
いじめ・自殺… こんな時代の子育てとは
                                    (にぃ3)

当ショップのサイト、“DOUBLE EDGE -本館-”
ならびに “DOUBLE EDGEの小部屋” もあわせてご覧下さい。

ウェブサイト “DOUBLE EDGE本館” は↓ DOUBLE EDGE 本館はコチラ♪

ケータイHPは↓ ケータイHPはコチラ♪

↓ ランキングに参加してます。ポチっとしてね♪


   
  

テーマ : ロックファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

DOUBLE EDGE SILVER&LEATHER  “オーラの泉 古手川祐子 編” テレビ朝日

番組の冒頭、司会の国分太一さんが 「今日は七・五・三ということで…」 と話し始めると、
愛の伝道師の美輪明宏さんは 「私たちは七十・五十・三十よ。」 と相変わらずの
ツっこみ。(笑)
これにスピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんはただ、ただ笑うしかなかった
ご様子…。


今回のゲストは 1959年7月16日、大分県生まれ。アイドルに憧れ、17歳で女優
デビューを果たした、古手川祐子さんです。


東京の吉祥寺・東急裏で、ショップのオリジナルデザイン&ハンドメイドで、
銀モノ (シルバーアクセサリー等) と革モノ (レザー小物等) などを制作・販売している
ショップ、
 “DOUBLE EDGE” です。



スピリチュアル・チェック

自分の性格を一言で言うと? よくわからない。
なりたかった職業は? 
小学校→婦人警官。 中学校→アイドル。
人生の転機は?
  この世界に入った時。
一番大切なものは何? 家族。
今日聞いてみたい事は? 若い頃と今ではずいぶんと性格が違っているので、
                   どうしてか聞きたい。


1年も前から “オーラの泉” に出たいといっていたと言う古手川さん。
あまりにも会いたいという気持ちから、美輪さんとお会いする夢を見てしまった程だとか。
実は古手川さんと美輪さんは初対面。 (以外でした…)


「自分の性格が分からない」 と語っていた古手川さん。40歳を過ぎてからは、マイナス思考
になっているとか。
“性格が変わる” という事から “憑依” の話へ…。
江原さんは 「憑依は誰にでもあり、特別な事ではない。 “類は友を呼ぶ” ということからも
友人も憑依霊。霊に憑依されたと思ったら、まず自分を戒めること。」

美輪さんは 「人にとって40歳代とは、精神的にも肉体的にも大きな変わり目」 と語って
いた。

古手川さんの場合、精神的・肉体的・憑依・前世からの思い癖からくる複合的なものだとか。

思いぐせとは…

・何を恐れているのか。
・どんな事が苦手なのか。
・どこに人一倍こだわってしまうのか。
・どういうことに喜びを感じるのか。
・どんな願望や理想を持っているか。
  江原啓之 「スピリチュアル夢百科」 より

誰もが持っている思いの持ち方、考え方の偏りのこと。


現在、ご両親と娘さんと同居している古手川さんは家族同士の 「思い」 が強く、 “思いの
呪縛” になっているとか。 (特に父親)
そして、母・自分・娘とお互いを認めながらも 「自分は違う。」 という思いがある。
「自分は違う。」 と思いながらも束縛し合い、 “精神的な憑依” となっている。


ここで守護霊である武家の奥方からのメッセージが…。
“古手川さんに一番必要なのは、愛情を実感すること” だと。
娘のことや自分のこれからを心配するが故に孤独になり、この事が親の憑依を呼ぶことにも
なっている。
解決策として、愛されることを言えば良い (甘えること) と。
しかし、古手川さんは幼い頃から甘え下手。 「人に弱みを見せることは良しとせず。」 という
ところから、自分の心で柵を作ってしまっている。
江原さんは 「恋愛をしましょう。」 とアドバイス。これに古手川さんは 「したいです。」 と素直に
返答。
美輪さんは 「これがここへ来た主眼点。」 と言っていた。


オーラの色…

赤いオーラ (情熱) に黒い枠がかかっている。 「よーし、やってやろう。」 という気持ちは
あるが、途中でネガティブな方へ向かってしまう。

美輪さんは 「プライドが高いが故に弱さを見せられない。 (傷付くことが怖い) 」 と。
江原さんは 「空の巣症候群 (子供達が進学や就職などで巣立っていき、主婦が空虚感
から心身が不安定になる状態。) になっている。まだ愛される人。恋愛して下さい。
マイナス面で防御しないで、羽ばたいて!青春が戻って来る時期!!」 とエールを
送った。


前世…

女性として生まれながらも、武器を手に取り戦いの中で生きてきた人生が多い。
心が男前。今世でも女性として生まれたが、女らしく振舞うのが照れくさく、男性とは
“友達” として付き合ってしまう。
このことに気付き、前世の記憶は捨て、これからは “女性” としての幸せを掴む時。
「自分の環境は自分の思いで作る。自分で道をふさがないで。今日は門出!」 と
江原さんは語っていた。


エンディング・トーク…

「今度会った時は甘え上手になって、甘えてたらゴメンナサイ。」 と古手川さんが言うと、
太一君は 「すぐに目をそらしますから。」 (笑) と。 受け入れなきゃ、太一君!
近いうちに “結婚記者会見” なんて映像が見られる日が来るのかも知れないですね♪
そのお相手は…。




スピリチュアル・メッセージ
もう一度 青春が戻って来る時期
ネガティブな思いを捨て 愛される人に


オーラの言葉
完全な男を求めるのは 身の程知らず
自分に欠点があるように 相手にも欠点がある
傷つくことを恐れず 当たって砕けろ



次回のゲストは 陣内孝則さんです。
先祖に見守られ 神に愛される男
                                 (にぃ3)        



当ショップのサイト、“DOUBLE EDGE -本館-”
ならびに “DOUBLE EDGEの小部屋” もあわせてご覧下さい。


 ウェブサイト “DOUBLE EDGE本館” は↓ DOUBLE EDGE 本館はコチラ♪


ケータイHPは↓ ケータイHPはコチラ♪


↓ ランキングに参加してます。ポチっとしてね♪


   
  

テーマ : アクセサリー全般
ジャンル : ファッション・ブランド

DOUBLE EDGE SILVER & LEATHER  “オーラの泉 古手川祐子編” テレビ朝日

“DOUBLE EDGE” では、ショップのオリジナルデザイン&ハンドメイドにて、
銀モノ (シルバーアクセサリー等) と革モノ (レザー小物等) を制作・販売しています。
東京・吉祥寺の東急裏、ウイングビルの3Fです。



『オーラの泉 古手川祐子編』は、ブログのサーバーが安定次第、アップ予定です。
検索などで来て頂いた方々、申し訳ありませんが、もう少しお待ち下さい。
                                  (にぃ3&みぃ3)       


当ショップ “DOUBLE EDGE” のMAP、店舗情報はウェブサイト、
“DOUBLE EDGE -本館- をご覧下さい。

ウェブサイト “DOUBLE EDGE本館” は↓
DOUBLE EDGE 本館はコチラ♪

ケータイHPは↓
ケータイHPはコチラ♪

↓ ランキングに参加してます。ポチっとしてね♪


   
  

テーマ : ★秋冬物ファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

DOUBLE EDGE SILVER & LEATHER  “オーラの泉 沢村一樹 編 テレビ朝日”

番組冒頭のトークの中で、今回のゲストからのメッセージを司会の国分太一さんが披露。
“できることなら、美輪さんにお会いしたくなかった”と。
このメッセージに対し、愛の伝道師・美輪明宏さんは 「飛んで火に入る夏の虫よ!」と
返り討ち。
スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんは 「挑戦状ですね。」 とすでにヤル気満々の
様子。

そして…

今回のゲストは1967年7月10日、鹿児島県生まれ。
ファッション・モデル → 俳優へと転身し、スケベキャラ (?!) としてもお茶の間を楽しませて
いる “沢村一樹” さんです。
本人はどうやらこの 『スケベ』 は前世の影響からきているものと思っているらしいのですが…。
番組の展開が楽しみです!


“DOUBLE EDGE” では、ショップのオリジナルデザイン&ハンドメイドにて、
銀モノ (シルバーアクセサリー等) と革モノ (レザー小物等) を制作・販売しています。
東京・吉祥寺の東急裏、ウイングビルの3Fです。



スピリチュアル・チェック

小さい頃なりたかった職業は? ドラえもん。
性格を一言で言うと? ひねくれ者。
ストレス解消法は? 時間のある時は年度を触っている。
「美しい」 という言葉から何を連想する? 曲線。女性の腰のあたりの曲線。
よく見る夢は? カブト虫を取りに行く夢。
今の心境は? 帰りたいです!

早速、 “美輪さんに会いたくない” というメッセージにツッコミが…。
沢村さんは 「自分の腹の真っ黒いモノが見透かされてしまいそうだから。」 と白状。
美輪さんの 『ヨイトマケの唄』 (工事現場の日雇い〔ヨイトマケ〕 で働く母への思いを
力強く歌い上げた曲) を録音してとってあるほど、この唄に衝撃を感じたとか。
「なぜですか、それは?」 という国分さんの質問に 「これは、必然だから。」 と、先制攻撃を
仕掛けた沢村さんでした。 (笑)

今回の出演にも運命的な出来事が…。
あるとき、沢村さんにマネージャーさんが 「閉ざしている心の扉を開けてもらえるのは、
“オーラの泉” しかない!」 と話をしていた次の日、ナント、朝いちで出演依頼の連絡が
入ったとか…。これは、もう必然ですね ♪

「ドラえもんになりたかった」 と語っていた沢村さん。 「ルックスが…。」 という美輪さんの
質問に、 「四次元ポケットが欲しかったんです。」 と沢村さん。
「江原さんのようになりたかったのかと思った。」 と美輪さんの発言に 「リアルドラえもんと
言われてます。」 (笑) と江原さん。 「四次元ポケットだけ欲しかった。」 という沢村さんに、
「失礼じゃないですか。」 と笑顔でするどいツッコミをする江原さんでした。 (笑)

ストレス解消法が粘土いじりという沢村さん。子供の頃から粘土で何か作る事が好きで、
日本地図 → ドラえもん → 女性の体 (?) へ移っていったとか。
粘土いじりや土いじりは大切な事で、美輪さんは 「人工的なものに囲まれていると、
情操教育に良くない。」 と語っていた。
そんな環境で育ってきた沢村さんも今は…… 「ただのドスケベ」とは本人の弁。
「粘土の感触を他に探していたのでは?」 と太一君。
美輪さんは 「女性に対するブレーキが壊れている。」 と。 (笑)
「気が付くとぶつかりそうになっている時が…。」 と告白する沢村さんに、 「結構、ぶつかって
いる時がある。」 と再びするどいツッコミの江原さんでした。
多情多恨、博愛が恨みになることがある、という話から、 「気付いた方が良いのでは。だから
連れて来られたんじゃないですかねェ。」 と言う江原さん。
沢村さんに対し、国分さんは 「必然だ、コノヤロー!」 と仕返しをしていました。 (笑)


オーラのカルテ

オーラの色…
紫 (情愛) が大きい。青 (冷静) が入っている。

前世…
イギリスの役者。 本 (脚本) も描き、芸術的なものの収集家でもあった。
幼い頃 (産業革命の頃 )、横暴な父親との2人の生活の中で虐待を受けていた。
そんな生活の中で、辛いものを見たくない時に “自分の想像力の世界で楽しむ” ということを
していた。このことが今世のストレス解消 (粘土いじり) に繋がる。
そして生涯独身で暮らした。

その前は行者。加持祈祷 〔かじきとう〕 (行者が病気を治したり、災いを除くために仏に
祈ること。)をしていた。この時の影響で体の仕組みに興味がある。
この時も生涯独身で過ごした。

今生において、ようやく結婚。しかし沢村さんは前世の影響か、 「独りになりたい時が
よくある。」 と語っていた。

そして、もう一つ前世の影響として “母親への接し方” 、 “甘える” というのが苦手らしい。
孤独で生きてきたが故に、 “愛情に包まれたいが怖い” という思いがあるらしい。特に母性。
自分の内面に入られるのを拒否するが故のエッチな話 (心の壁) らしい。
心の扉を閉ざしてしまう沢村さんに江原さんは 「甘えるとは打ち解けること。歩み寄ること。」
とアドバイスを送った。

ここで美輪さんは 「首と咽が気になる。」 と。
沢村さんは 「咽が詰まるような時がある。」 と語っていた。
そして、いつもの作戦会議。その後…
これは前世 (イギリスの役者の時) 、首をつって亡くなっている (縊死 〔いし〕) ことの影響。
「生きている事」 と 「仕事をしている事」 の充実感に対しての感謝がなくなっていると
咽にくる。
このことが今回の出演のキッカケでもあり、転機でもある。

「生きている時間への感謝」 を忘れずに、次のステップに進む時。 (グレード・アップ)
美輪さんは 「例えば、ローレンス・オリビエ (1907~1989) やアレック・ギネス (1914~
2000) のように、グレードの高い俳優を目指す努力をする時。その作業が始まる時。」
とエールを送った。


スピリチュアル・メッセージ

生まれ変わるのは 進化するため
今生きている時間に感謝して
ホップ・ステップ・ジャンプ



オーラの言葉

孤独な人ほど 愛が苦手
自分を守ろうとしないで
包み込むような愛情に
身をまかせてみては


大爆笑のうちに進んでいた収録でしたが、時が経つにつれ沢村さんの表情がだんだんと
深刻さを増してくるのが手に取るようにわかる回でした。
ますます、魅力的でグレード・アップした役者さんになってゆく沢村さんを楽しみにしています。
でも……
Hな話で周りの人達を笑わせる沢村さんもたまには見たいです!


次回のゲストは 古手川祐子さんです。
もう一度 青春を取り戻し 恋愛を…                  (にぃ3)


当ショップ “DOUBLE EDGE” のMAP、店舗情報はウェブサイト、
“DOUBLE EDGE -本館- をご覧下さい。

ウェブサイト “DOUBLE EDGE本館” は↓
DOUBLE EDGE 本館はコチラ♪

ケータイHPは↓
ケータイHPはコチラ♪

↓ ランキングに参加してます。ポチっとしてね♪


   
  

テーマ : ファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

DOUBLE EDGE SILVER & LEATHER  “オーラの泉 酒井美紀編” テレビ朝日

冒頭でのトーク。
「今回のゲストはお人形さんのような人」 と語っていた司会の国分太一さん。
すかさず、愛の伝道師の美輪明宏さんは 「あなたのシュミ?」 とするどいツッコミ。
これに国分さんは 「YES!シュミです!」 とキッパリ断言。
その二人の会話を横でニコニコしながら聞いていたのは、スピリチュアル・カウンセラーの
江原啓之さんでした。
今回のゲストの酒井美紀さんからのメッセージ。
幼い頃からの “女優” という夢も叶い、幸せなはずなのに、何かがしっくりとしない感覚が
あります。
今後の人生に良いヒントをもらえれば… ということでした。

さて、今回はどのようなアドバイスが出るのでしょうか。


東京の吉祥寺・東急裏で、ショップのオリジナルデザイン&ハンドメイドで、
銀モノ (シルバーアクセサリー等) と革モノ (レザー小物等) などを
制作・販売しているショップ、
 “DOUBLE EDGE” です。


スピリチュアル・チェック

毎日欠かさずする事は? 朝起きて温かいもの (ミルクティー) を飲む。
ストレス解消法は? 食べる事。 (アジア料理)
理想の男性のタイプは? 坂本龍馬。
何故か好きで集めてしまう物は? 布系。
心癒される事は? 海外旅行。
今の心境は? 緊張しているが、ワクワクしています。

「覚悟はいいか?」 といういきなりの美輪さんの発言で始まってしまいました。(笑)

“布系が好き” と語っていた酒井さん。
特にブランケットが好きで、旅行はもちろん、仕事場にも持って行くとか。
首の辺りにあると安心するという。

そしていつもの不法侵入。(?!)
江原さんは 「庶民的なお部屋。もう少し色を考えてみては?」 と。
美輪さんは 「オバサンの部屋みたい。」 (笑)と語っていた。
ヘコんでいた酒井さんに “パステルカラーが良い” とアドバイスも。

「坂本龍馬が好き」 という酒井さんは坂本龍馬の墓 (京都市東山の京都霊山護国神社に
中岡慎太郎とともに葬られている) に、お墓参りに行ってしまうほど。
一時期は楽屋のところに置いておくほど突っ走っていたらしい。


オーラのカルテ

離魂のクセがある。幽体が離れてしまう為に、実体 (自分) を取り戻そうと温かいものを
飲んだり、刺激の強いもの (アジア料理) を口にしてしまう。
若い頃の父との葛藤、思春期の不安定な気持ち、生真面目な性格から、考え詰めて離魂が
始まった。
自分に厳しいが故に、“反省モード” になりがちになってしまう。

自分を取り戻す為に…
美輪さんは 「自意識の確立。周りの人や物事に気を遣うが故に、自分自身の為に使う
エネルギーがなくなってしまう。
まず自己分析をして、自己を確立する事」 とアドバイスを贈った。
江原さんがたとえるところの “自分で家を建てて、他人に貸している” 状態らしい。


オーラの色…
ブルー (冷静) が強い。周りの事に気を遣うが故の影響。
黄色 (ひょうきん) が広がっている。“笑い” がストレス解消の1つにもなっている。


そして…
ブランケット (やわらかいもの) を必要としているのは愛の欠乏症からくるものとか。
「それが人の腕になるといいのよねェ。あなた、どう?」 と国分さんに振った美輪さん。
「どうですか?」 という真顔の太一君に 「お願いします。」 と言いながらも笑いで
かわす酒井さん。 「いつでも、いつでも言って下さい。」 と食い下がる太一君でした。 (笑)


前世・守護霊…
漁師町の娘。 嫁いですぐに夫は亡くなってしまい、結婚の実感もないままその後は苦労を
重ねてゆく。
その影響で今世でも海を見ると悲しくなるとか。
前世で苦労をした分、今世では自由に生きられるはずなのだが…。
後ろについている尼僧さん (守護霊) の影響もあり、自分を出せない状態である。

前世では、早くに夫に先立たれ、血の繋がりもない親族の為に自分を犠牲にし、守護霊
である尼僧さんは他の為にと自分を犠牲にしてきた。
故に今世でも周りの人の事ばかりを考え、自分を犠牲にしてしまう。

「もっと奔放に」 という江原さんのアドバイスに、酒井さんは 「元気が出てきました。」
とはじけるような笑顔で答えていました。
自分を大切に “楽しい” と思えれば、ポッカリと空いた穴もなくなってゆくでしょう。


スピリチュアル・メッセージ
自分を冷ややかに見つめる
“反省モード” を切り替えて
もっと奔放に もっと弾けて



オーラの言葉
人の思惑ばかり考えていると
自分が薄まってしまう
充足感がないのは 自分がはっきり見えないから
大切なのは 自己分析と自己の確立



次回のゲストは 沢村一樹 さんです。
心にスケベが一杯? な二枚目の素顔。                  (にぃ3)  


当ショップ “DOUBLE EDGE” の作品の STOCK OUR状況などは、
ウェブサイト “DOUBLE EDGE -本館-” をご覧下さい。

ウェブサイト “DOUBLE EDGE本館” は↓
DOUBLE EDGE 本館はコチラ♪

ケータイHPは↓
ケータイHPはコチラ♪

↓ ランキングに参加してます。ポチっとしてね♪


   
  

テーマ : お役立ち情報
ジャンル : ファッション・ブランド

プロフィール

みぃ3 & にぃ3

  • Author:みぃ3 & にぃ3
  • 東京都吉祥寺
    シルバーアクセサリー
    レザーアイテム革小物を、
    ショップオリジナルデザイン
    ハンドメイド手作り)にて
    制作、販売をしている
    DOUBLE EDGE”の
    ブログサイトです。
DOUBLE EDGE -ウェブサイト-

DOUBLE EDGE-モバイルサイト-

ブログパーツ


DOUBLE EDGE -ウェブサイト-

DOUBLE EDGE -ウェブサイト-


DOUBLE EDGE -モバイルサイト-

 DOUBLE EDGE -モバイルサイト-


DOUBLE EDGE -ブログサイト-

DOUBLE EDGE -ブログサイト-

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア