FC2ブログ

DOUBLE EDGE SILVER & LEATHER  “オーラの泉 海老名香葉子編 ”テレビ朝日

国分太一・美輪明宏・江原啓之、オーラの泉。
今回の放送は終戦記念日の翌日という事で、いつものオーラの泉とは違う進行での
放送となりました。
ゲストは家族6人を戦争で失い、小学校5年生 (11歳) の時に終戦を迎えたという
海老名香葉子さんです。


DOUBLE EDGE――東京・吉祥寺の東急裏、ウイングビル3Fで、
銀モノ (シルバーアクセサリー等) と革モノ (レザー小物等) をショップの
オリジナルデザインで制作・販売をしています。


海老名さんは、本所区 (現在の墨田区) に江戸時代から続く竿師 (釣竿職人) の4番目の
子供として生まれた。
戦時中、強制疎開 (第二次大戦末期 戦火を逃れる為、幼児・老人・学童などが地方へ
避難させられた) で、たった一人家族から離れ沼津へ行く事に。
3人のお兄さん達は学徒動員 (第二次大戦中 中学生以上の学生は軍需産業などの
労働力として動員された) の理由で東京に残った。

疎開先では、沼津空襲 (沼津市は1945年8回の空襲を受け、市街地の大半を
破壊された) に遭い、その時の体験談が。
美輪さんは長崎県千々岩 (ちぢわ) 町に疎開していた時の体験を語っていた。

1945年3月10日、夜半から続いた東京大空襲 (2時間余りで東京の6分の1が焼失。
10万人以上の命が失われた) を疎開先で知った海老名さんは、とにかく家族の事を思い
「絶対、大丈夫」 と祈り続けた。そして4日目、三男の喜三郎さん (当時13歳) が
海老名さんの疎開先を訪れ、家族の死を告げる。
空襲の際、たった一人生き残った事を 「ごめん、ごめん」 と謝り、2人で世話になるのは
悪いからと、何のあてもない東京へ帰っていった。その後、お兄さんは行方不明に。

日本が受けた攻撃にはじゅうたん爆撃 (じゅうたんを敷き詰めるように目標一帯を集中的に
爆撃する事) や、焼夷弾 「しょういだん」 (火炎や高熱で殺傷・破壊する爆弾) などが
あり、第二次世界大戦では世界で約6000万人が犠牲となった。
そして… その半数が民間人だった。

昭和20年 (1945年) 8月、広島・長崎に原子爆弾投下。
この時10歳で原爆を体験した美輪さんは “地獄” と語っていた。
爆風と熱線で半径1km以内は全壊、半径2km以内も 80%が倒壊したという。

昭和20年 (1945年) 8月15日、第二次世界大戦終結。
戦災孤児として東京へ戻った海老名さんは、その後親戚や知人の家を転々と移り住んだ。
ある雪の日、実家の焼け跡で膝を抱えて座っていると、黒っぽい男性が通りかかった。
その男性は 「しっかりしなきゃ駄目だよ。頑張ろうよ!頑張ろうよ!」 と励まし、
さつまいもを半分分けてくれた。
顔も見れなかった海老名さんはこの人を“ 神様だったかなァ” と思ったそうだ。

その後、昭和25年 (1950年) にお父様の知人だった落語家、先代柳家金馬さんに
引き取られ、神田の路上で女性の腰紐を売っていたお兄さんとも再会する事が出来た。
そして…
金馬師匠の紹介で林家三平さんと結婚することとなる。

終戦60年に当たる昨年、海老名さんと有志一同によって、戦時中に亡くなった人達が山と
なっていた上野に、慰霊碑 「哀しみの東京大空襲」 と平和の母子像 「時忘れじの像」 を建立。
慰霊碑を建てられずに悩んでいた時に不思議な体験をしたとか…。
白い着物で、坊主頭の男性が傍に立ち、肩をたたき続けた。
海老名さんはその男性の手を握り引っ張った。男性は前方に倒れ込む。
その時に頬にその男性のヒゲの感触があったと。
母子像の彫刻家の手が腫れて作業が出来なくなった時に、念じたら腫れが引いたことがあった。
作業中、間一髪で事故が防げたなど、様々な不思議な出来事が起こったと…。
「どういう事なのでしょうか」 という海老名さんの質問に―――

江原さんは
まずは、さつまいもをくれたのは、亡くなったお父さん。坊主頭の男性は、空襲の時に
亡くなった弟さんが成長した姿。
そして、常に二人羽織りのように一緒になって働いてくれていたのがお姑さん。
海老名さんは結婚する前から、夫 林家三平さんの母に気に入られ、大変可愛がられて
いたとか。
お姑さんは “世の為にいい事をしている” 、 “感謝の気持ち (香葉子さんに対して)” から
手助けをしてくれていたと。もちろん、三平師匠も。
最後のメッセージとして、亡くなった家族は完全に浄化しています。安心して。という事だった。

現在、お兄さんが生家 「竿忠」 の4代目を継ぎ、江戸和竿協同組合の組合長も
務めているらしい。

美輪さんは 今まで身を律する事で生きてきた。これからは “律する” ことから開放され、
以前から憧れていた青春を今から始めなさい。ご褒美ですって」とメッセージを伝えた。

江原さんはこう付け加えた。亡くなったお父様とお母様から「置いていってごめんね」 と。
「ある意味、死ねた人の方が幸せだった」 と。
そして全ての人に 「家族の絆を大切にして下さい」 ということを伝えたいと。


戦争とは
夫が ボーイフレンドが 我が子が 孫が…
愛する心を理不尽に奪われること
一生会えなくなること



次回のゲストは丸山和也さんです。
丸山弁護士と美輪さんの意外な関係 ? !                  (にぃ3)



DOUBLE EDGE 本編 HPは↓
bannar-1-blog.jpg

↓ ランキングに参加してます。ポチっとしてね♪


   
  

テーマ : ★秋冬物ファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*記事に無関係と思われるトラックバック・コメントは削除させていただきます。

コメントの投稿

非公開コメント

生きるとは意味があるのでしょうか?
人を殺す戦争を起こすほどの意味とはなんなんでしょうか?
死ねた人のほうが幸せだった。辛い言葉ですね。生きている人が同じ出来事を繰り返さないよう、同じ思いをする人を増やさないよう、叫びつづけなくてすむ世の中にするにはまだまだなのでしょうか?

私も見ました。
泣きながら見ていました。

戦争は人間の汚さや残酷さを露にしますが、
一方で人間の強さも感じさせますね…。

ねこねここねこサマ!

コメントを読ませて頂いて、「フィフス・エレメント」の1シーンが頭に浮かびました。
ミラ・ジョボビッチが演じる最後のエレメントが涙ながらに、“こんな人間達を救わなければならないのか?”痛感させられました。

地球上のほんの一握りの人間の、私利私欲の為に、こんな下らない事をいつまでも繰り返すなんて…。

戦争=経済の向上
この形を根本から壊さない限り、これから先も理不尽な涙を流す人達が途絶える事はないと思います。

日本が中国や韓国にしてしまった事、61年前に世界で唯一の被爆国になってしまった事…日本人として、地球上に生きている人間としてもっと大きな声を上げる時なのでは。

現在(いま)でも戦場になっている所があると思うと本当に悲しい気持ちになります。

そして、頭の中ではジョン・レノンの「イマジン」が…。

麗子サマ!

愛する家族や恋人を守るために銃を構える。
そして、その銃口の先には、同じように愛する人達を守る為に戦場へ来た兵士達が…。
多くの人達が涙を流し、血を流し、命を失っていく。
人類はいつまでこんな事を繰り返していくのでしょうか?

戦後、日本を立て直した人達は本当にすごいパワーだったと思います。

いつまでもこんな醜い争いを繰り返さない為にも、“考える”キッカケを与えてくれた時間だったと思います。

経済は向上させるべきなのでしょうか?
経済が豊かでも想像力は向上しないと思います。
より経済が豊かになるための想像力ではなく
心が豊かになるための想像力
「イマジン」ですよね。
お金はお金。
付加価値がつきすぎて負荷価値になっています。そのために人は想像を捨て争うのかと思うと人間の生きている意味をお金ではない価値観で生きていけるよう想像していければと思います。

ねこねここねこサマ!!

全く同感です。
経済の発展を優先し、想像力が貧しくなっていく…。
目先の利益の事だけで、将来性が全く感じられない。
本当に悲しいことです。

人間として、もっと研ぎ澄まされなければならないものがあると思うのですが。

たった一つしかないこの地球という星の住人として、本来豊かな想像力を持っている(そう信じたい)人間として、見失ってはいけないものに気が付かないと。
想像してごらん―そのキッカケと時間が大切だと思います。

こんばんは。私も、少しだけど見れました。
去年の戦後60年以来、若い世代にも戦争と平和について意識されてる風潮がありますね。私も母が長崎で終戦の年に生まれてまして、祖父母などの話から、自分の命に繋がってきたいろんな運命を感じております。
ちなみに美輪さんの話にあった千々石は実家のすぐ近くでして、静かなひろーいきれーいな海を展望できる広場があって、その意外さに誰でも喜んでくれるところなんですよ。

2尾の母サマ!

こんばんわ~です。

以前、九州のハウステンボスに行く機会がありまして…。
空気はきれいだし、景色はきれい。おまけに食べ物もおいしいし。(笑)
でも、近くに原爆が落とされたと思うと、本当に悲しくなりました。

二度と起こしてはならない悲劇のために、もっともっと色々なことを聞きたい。
もっともっと色々な事を感じて、次の世代の人達に伝えていかなくてはいけないんですよね。
プロフィール

みぃ3 & にぃ3

  • Author:みぃ3 & にぃ3
  • 東京都吉祥寺
    シルバーアクセサリー
    レザーアイテム革小物を、
    ショップオリジナルデザイン
    ハンドメイド手作り)にて
    制作、販売をしている
    DOUBLE EDGE”の
    ブログサイトです。
DOUBLE EDGE -ウェブサイト-

DOUBLE EDGE-モバイルサイト-

ブログパーツ


DOUBLE EDGE -ウェブサイト-

DOUBLE EDGE -ウェブサイト-


DOUBLE EDGE -モバイルサイト-

 DOUBLE EDGE -モバイルサイト-


DOUBLE EDGE -ブログサイト-

DOUBLE EDGE -ブログサイト-

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア