FC2ブログ

DOUBLE EDGE SILVER & LEATHER  にぃ3の“この映画が好きー!” イージー・ライダー

今回紹介する映画は、モーターサイクル・ロードムービーの大作、“EASY RIDER” です。
ハーレー・ダビッドソン好きのにぃ3にとっては、決して避けては通れぬ道 (?) 的この映画。
そして、政治的背景も…。


“DOUBLE EDGE” では、ショップのオリジナルデザイン&ハンドメイドにて、
銀モノ (シルバーアクセサリー等) と革モノ (レザー小物等) を制作・販売しています。
東京・吉祥寺の東急裏、ウイングビルの3Fです。


キャプテン・アメリカ (ピーター・フォンダ) とビリー (デニス・ホッパー) は、ドラッグを
まんまと大金にかえ、 “自由” を求め旅に出る。
2人はパンヘッドのチョッパーに跨り、謝肉祭を目指しハイウェイへ。
そして今でも有名なシーン… “時” には縛られたくないと、自分のしていた腕時計を捨てる
キャプテン・アメリカ。
BGMにはステッペン・ウルフの 『ボーン・トゥ・ビィ・ワイルド』 が。

旅の途中、様々な人達と出会い、そしてまたハイウェイを走り続ける。
保守的な田舎町の留置場で知り合った弁護士ハンセン (ジャック・ニコルソン)。
彼も謝肉祭を目指し、旅を共にする事になる。
途中、立ち寄った田舎町で、 “自由” に対する偏見から地元の人間達から暴行を受ける事に。
「アメリカでは、個人の自由についてはいくらでも喋るが、自由な奴を見るのは怖い」 という
言葉を残し、ハンセンは帰らぬ人となってしまう。

2人に戻ったキャプテン・アメリカとビリーは旅の目的地、謝肉祭へ辿り着く。
目的を果たし、自由である事を語るビリー。
友の死、自由への絶望から沈むキャプテン・アメリカ…。
そして、あの衝撃のラストシーンへ。

作品を飾る、ステッペン・ウルフ、ザ・バンド、ザ・バーズなどのBGMもサイケデリックな
時代を映し出している。

「自由だ!自由だ!」 と浮かれるアメリカの中で、 「自由なんて、本当はどこにもないのさ」 と
クールにキメてしまうピーター・フォンダは本当にカッコイイ。
その後、アメリカは事実上ベトナム戦争の敗北から、どっぷりと暗闇の時代を過ごす事となる。

残念ながらにぃ3はこの映画をリアルタイムで見る事が出来ず、実際に見れたのは
上映されてからだいぶ時間が経ってから。
タイムラグがあったせいか、何かピンと来るものがなく、正直なところ “こんなもんかァ~” と
いう感じ。
あまりにも期待が大きかったせいかも…。
リアルタイムで鑑賞する事の出来た知人は 「本当に衝撃的だった」 とその頃を思い出し、
語っていた。
自分にとっての自由とは何なのか、幸福とは何なのかを考える時間を与えてくれる
作品でした。                                (にぃ3)


DOUBLE EDGE 本編 HPは↓
bannar-1-blog.jpg

↓ ランキングに参加してます。ポチっとしてね♪


   
  

テーマ : ★シルバーアクセサリー★
ジャンル : ファッション・ブランド

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*記事に無関係と思われるトラックバック・コメントは削除させていただきます。

コメントの投稿

非公開コメント

♪ぼ~んつび~わぁ~あ~ぁ~♪
曲は聴きますが映画は見てないです。
今度見てみようっと。

「アメリカでは、個人の自由についてはいくらでも喋るが、自由な奴を見るのは怖い」
アメリカだけでないですよね。他人の自由は自分の不自由につながることもあるし、人の自由を見ることにより自分の不自由さに嘆いてしまいたくなる時もありますもの。

でも私は自由というとどうしてもジャニスなんですよ。
「自由は何も守るものが無い」って歌詞にぶっ飛びました
それまで自由にあこがれていましたが守るものがある不自由。そんなに悪くも無い気がします。

ただ心や想像力は無限に自由でありたいなと精進中です。

ねこねここねこサマ!

ジャニス、いいですよねェ♪

ジャニスの印象って、にぃ3的には秋なんですが、みぃ3は真夏だと言って譲りません(笑)

ジャニスと言えば…田舎町の偏見を不自由に感じ、自由を手に入れる為に、自分の生まれた故郷を出たんでしたよね。
ジャニスという一人の人間の自己表現を受け止めてもらうには、器が出来てなかったんでしょうね。

昔、「守るべきものがあるから強くなれる」というのを本で読んだような…。
“守るべきものがあるから攻め続ける”にぃ3の理想です。(笑)

くう~。
あたしはジャニスは冬ですね。黒人ブルース系の「耐える」を感じてしまうので。
昔ジャニスのドキュメントを見て、田舎町で違和感を感じていて自己表現を素直にした本人をバカにした人が、売れて故郷に帰ってきた時。ジャニスを親友のように扱い、それがバカバカしいと感じつつも、人に愛されることを喜んでいたジャニスが悲しくもいとおしく感じました。
たら、れば、は無いですが、もし彼女が今生まれていたら自己表現をしてももう少し寂しくなく生きられたのかもと思いました。

ねこねここねこサマ!!

おぉ、冬ですか!

一人のアーティストに対して、色々な印象を持てるという事は、ジャニスの持っている引き出しが多いという事ですね♪

肉親までもが理解しようとしなかったというのは本当に悲しい事です。
原石を認めるという事は難しいことなのかも…。
一度、自分の中で相手を認めて尊重しあえれば、もっと世界が広がっていくと思うのですが。
プロフィール

みぃ3 & にぃ3

  • Author:みぃ3 & にぃ3
  • 東京都吉祥寺
    シルバーアクセサリー
    レザーアイテム革小物を、
    ショップオリジナルデザイン
    ハンドメイド手作り)にて
    制作、販売をしている
    DOUBLE EDGE”の
    ブログサイトです。
DOUBLE EDGE -ウェブサイト-

DOUBLE EDGE-モバイルサイト-

ブログパーツ


DOUBLE EDGE -ウェブサイト-

DOUBLE EDGE -ウェブサイト-


DOUBLE EDGE -モバイルサイト-

 DOUBLE EDGE -モバイルサイト-


DOUBLE EDGE -ブログサイト-

DOUBLE EDGE -ブログサイト-

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア