FC2ブログ

“オーラの泉 劇団ひとり”編 PART1 DOUBLE EDGE SILVER & LEATHER

オーラの泉。ゲストは劇団ひとりさん。冒頭でのトークの場では、“一人になりたい時” と
いうことで、国分太一さんは 「自分で運転する車の中で考え事をする時」。
美輪明宏さんは 「私はいつも一人だから」 。江原啓之さんは 「一人になりたい時ありますよ。
一人大好きだから。」 と語っていました。
美輪さんと江原さんから見ると、今回のゲストの劇団ひとりさんも 「一人でいるのが好き」
ということです。


“DOUBLE EDGE” では、ショップのオリジナルデザインハンドメイドにて、
銀モノ (シルバーアクセサリ等) とモノ (レザー小物等) を制作・販売しています。
東京吉祥寺東急裏、ウイングビルの3Fです。



スピリチュアル・チェック
小さい頃なりたかった職業は? パイロット。
 (父親は元国際線のパイロット。母親は元キャビンアテンダント 〔客室乗務員〕 )
自分の性格を一言で言うと? 情緒不安定。
最近気になる事は? 女性。
人生の転機はいつ? お笑いを始めたこと。
 (日本テレビ 「元気が出るテレビ」 の “お笑い甲子園” に出場したのがきっかけで、芸能界
  に入った。)

禁煙、禁女など自分自身をストイックなまでに制してきたという劇団ひとりさん。
ほぼ完璧な自分に、今足りないのはオーラの面だけ。故に、子の番組の出演に賭けてきた
そうです。

そんな劇団ひとりさんの悩みは女性関係だとか…。
美輪さんは 「女性に対してのハードルの設定が高すぎる。エリザベス・テイラー (絶世の
美女と呼ばれたハリウッド女優。完璧な容姿は 「肉体の奇跡」 と言われた。) のような女性を
望んでいたら、お眼鏡にかなうような美人はいないでしょう?」 と。
「どんなタイプなんですか?」という国分さんの質問に、劇団ひとりさんは 「滝川クリステル
(フジテレビアナウンサー) さんですねぇ。」 と答えていました 。←なるほど、面食い!
そんな悩みに江原さんは 「他人と一緒にいられます?」 と質問。美輪さんは 「あなたは他人と
暮らせる人間じゃないとでしょう。」 とキッパリ。江原さんと顔を見合わせて 「ねェ!」 と。
こんなぶった切り方をされるとは思わなかった劇団ひとりさんは、大爆笑する3人の中で、
一人さびしそうに座っていました。(泣)

「将来は恋愛をした後に、ガッツリ結婚というか、軽い気持ちで結婚したい。」 と劇団ひとり
さん。
結婚について、美輪さんや江原さんにヤンヤ、ヤンヤと細かく説明されると、 「俺、やめま
す。」とあっさりと撤回。
そんな見た目重視で、結婚観のない劇団ひとりさんに美輪さんは、 「恋愛は夢結婚は
現実
。結婚に “夢” を持っている人がいるが、それでは困る。結婚式は自由との告別式で、
白無垢は死に装束。夢を捨てて現実に生きますという宣誓式なの。」
さびし~ぃ表情になっている劇団ひとりさんに江原さんからも 「結婚式の時に指輪の交換
があるでしょ。あれはお互いに “つるはし” を持たせるの。今までの楽しかった恋愛から
労働に切り替わる。毎日、金山でつるはしを持って、 “何でこんなこと選んじゃったんだ” 、
“何でこんな奴を選んだんだ” 、 “別れてやるーっ!” と掘り続けると、やがて小さな金を
見つける。これが絆。この作業の繰り返しで、いずれ金婚式がやってくる。こうやって絆を
深めていくのが結婚であり、楽しいだけの恋愛と結婚は別。」 と、告白 (?!) とも取れる
ようなアドバイスが送られた。

スピリチュアル・チェックチェックに入る前に、今週のゲストの全てが終わったと察した
国分さんは 「ということで、本日のゲストは 劇どん ひとり さんでした。」 とシメのあいさつ。
「終わっちゃった? 劇どん ひとりじゃないですから、僕は。」 とツッこみを入れながらも
既にボコボコ状態の劇団ひとりさんでした。

自分の性格を情緒不安定と語っていた劇団ひとりさん。
特に仕事のことになると浮き沈みが激しく、納得のいく仕事の後でもヘコんで一日が終わる
とか。
江原さんは 「これは意欲であり、これがないと成長しない。」 と。そして 「世間で言われている
ポジティブネガティブには誤解がある。気分的に “前向きに” 、 “陽気に” 、 “明るく”
生きているのでは、ただのおバカ! ポジティブ とは自分自身を見つめ、向上していくこと。
ヘコむ=意欲 は、決して悪いことではない。成功の源。」 と。
美輪さんは 「ヘコみっぱなしで、憂鬱な状態が続いてはダメ。究極に悩んで苦しんで
落ち込んだ時に必要なのは 理性 。そして、一番邪魔でいらないものは 感情 。感情を捨て
クールで冷静な判断が出来るようになるには練習次第。」 と付け加えた。
続けて江原さんは 「ネガティブ とは、自分が正しい = 相手が分かってくれないという思い。
“どうせ俺なんて” というのは、 “分かってくれない奴が悪い” という恨み心がウラにある。
感情をなくし、冷静に方法論だけを考え、どうすれば良かったのかと考えれば良い。」 と
語った。
美輪さんは更に 「悩みを解決する方法が見つからない時は、その時期ではないと考え、
その時期をまてば良い。多数解決策が出てきた時は、一つ一つ冷静に試していけば良い。」 と
アドバイスを送った。
江原さんは劇団ひとりさんの仕事を通し、 大我 (相手を愛する気持ち) と 小我 (自己中心的
な愛) について語った。
―― お客さんを喜ばせられなかった ――
 結果として、自分が絶賛されなかったという自己中心な悲しみ → ネガティブへ(小我)
―― お客さんを理解させられなかった ――
 相手を思って表現することを考える → 大我になる
大我であるか、小我であるかによって相手の反応も変わってくる。
美輪さんは 「お客さんに媚びるのもダメ。媚びるということは自分を良く見せたいという
気持ちからで、小我になる。」 と。
このバランスは難しく、実践で経験を積んでいくしかない。しかし、このことを行ってゆけば、
必ず身に付いてゆくもの。良いお客さんを回りに置くということにも繋がる、と江原さんは
まとめた。

江原さんからもう一つ、 偶然必然 について。
「失敗は必然」 と逃げる口実にしている人が多い。
   といって原因があって結果がある。
“必然” とは 「全て決まっている。」 ということではなく、悪い種を蒔いた時から、悪い
結果が出る (因果律) ということであり、その悪い結果をみたならば、次からは良い
種を蒔くようにする。
“偶然ではなく必然です” というのは、生きる上で 免罪符 にしてはいけない。
美輪さんは 「言い逃れとしての “必然” では困る。」 と語っていた。

 続きは次回…。                            (にぃ3) 

当ショップ “DOUBLE EDGE” の作品の STOCK OUR状況などは、
ウェブサイト “DOUBLE EDGE -本館-” をご覧下さい。

ウェブサイト “DOUBLE EDGE本館” は↓
DOUBLE EDGE 本館はコチラ♪

ケータイHPは↓
ケータイHPはコチラ♪

↓ ランキングに参加してます。ポチっとしてね♪


   
  

テーマ : お役立ち情報
ジャンル : ファッション・ブランド

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*記事に無関係と思われるトラックバック・コメントは削除させていただきます。

劇団ひとり

劇団ひとり劇団ひとり(げきだんひとり、本名:川島 省吾(かわしま しょうご)、1977年2月2日 - )は、お笑いタレント・俳優・作家。千葉県千葉市出身。身長174cm、体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みぃ3 & にぃ3

  • Author:みぃ3 & にぃ3
  • 東京都吉祥寺
    シルバーアクセサリー
    レザーアイテム革小物を、
    ショップオリジナルデザイン
    ハンドメイド手作り)にて
    制作、販売をしている
    DOUBLE EDGE”の
    ブログサイトです。
DOUBLE EDGE -ウェブサイト-

DOUBLE EDGE-モバイルサイト-

ブログパーツ


DOUBLE EDGE -ウェブサイト-

DOUBLE EDGE -ウェブサイト-


DOUBLE EDGE -モバイルサイト-

 DOUBLE EDGE -モバイルサイト-


DOUBLE EDGE -ブログサイト-

DOUBLE EDGE -ブログサイト-

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア