FC2ブログ

オーラの泉 島田洋七編 シルバーアクセサリー&レザー(革小物)の DOUBLE EDGE

オーラの泉島田洋七さんが今回のゲスト。1950年2月10日、広島県生まれ。
8歳の時に佐賀のおばあちゃんに預けられ、その後島田洋八さんと B&B を結成。
漫才ブームにのり、一気にスターの座へ。現在では 『佐賀のがばいばあちゃん』
大ヒットとなり、祖母とのエピソードでお茶の間を笑いへと導く話術は “ピカ一” です。

冒頭のトークでは…
司会の国分太一さんが、 “おばあちゃん” の思い出を美輪明宏さんと江原啓之さんに
披露。夏休みに田舎へ遊びに行くと、必ず一緒に行く銭湯。その銭湯は道を挟んで
休憩所があり、国分さんがお風呂上りに涼んでいると、上半身裸(!!) のおばあちゃんが
登場!その上半身裸のおばあちゃんが、何と見事な爆乳 (笑) だったとか…。
そして、そのおばあちゃんの手には牛乳が!国分さんは 「牛 (爆乳) から牛乳を渡されて
いる感じだった。」 と語っていました。これには美輪さんも江原さんも大爆笑!!
ほのぼのとした良い思い出話でした ♪


銀モノシルバーアクセサリー等) と革モノレザー小物等) を
東京吉祥寺ハンドメイド手作り)にて制作、販売しているショップ
DOUBLE EDGEです。


スピリチュアル・チェック

小さい頃なりたかった職業は?
 野球選手。
好きな言葉は?
 ばあちゃんの言葉で 「こつこつやってもな… と思う前にこつこつやれ」
よく見る夢は?
 かあちゃん。
人生の転機は?
 奥様と駆け落ちする時に、ばあちゃんに 「東に行け。」 と言われた。
将来の夢は?
 (しばらく考えて) ばあちゃんと、かあちゃんにもう一回会ってみたい。

母と離れて暮らしていた頃 (洋七さんは小学2年生から高校入学までの8年間、
母と離れ、佐賀で祖母と暮らしていた) の設定で母親の夢をよく見ると語っていた
島田さん。
お母さんには 「優しい言葉のなかにも厳しさを見つけろ。厳しい言葉の中にも
優しさを見つけ出せ。」 とよく手紙で書かれたとか。

広島に遊びに来ていた叔母を見送りに駅まで来た島田さん。
列車が出発する直前…
母に背中を押され列車の中へ。泣き叫ぶ島田さんはそのまま叔母に連れられ
佐賀の祖母の所へ連れて行かれることになってしまう。

~ がばいばあちゃん語録 ~
 「お前なら40度出せる。」
ある日、38度5分の熱を出した島田さんに、おばあちゃんは 「大丈夫や、お前なら
40度出せる。」 と言ったとか。(笑)
「ご飯は?」 と聞く島田さんに 「食う暇ないから寝ろ。」 と返事をしたり、なんとも
お洒落 (?!) なおばあちゃん。
そんなおばあちゃんが涙を流す所を初めて見る事に…。
毎年、小学校の運動会のお弁当の時間になると 「お腹が痛いから、お弁当換えて」 と
言ってくる先生がいた。先生が持ってくるお弁当は、それは豪華でおいしいお弁当だったと。
そして、6年生の時におばあちゃんに 「年に1回だけ不思議なことがある。」 と打ち明けた
島田さん。
その話を聞いたおばあちゃんはポロポロポロと涙を流し 「人にやさしくする時は人に気付かれ
ないようにしてあげなさい。」 と伝えたとか。
美輪さんは 「粋な先生方ですよね。それが教育。身をもってさりげなく教える、愛情を持って。
それが尊敬されることですよね。」 と。

~ がばいばあちゃん語録 ~
 「暗い話は夜するな」
「暗い話は、夜するな。昼間だったらなんてことないから。」 と言っていたという
おばあちゃん。
美輪さんは 「昔の人の人生哲学で、人生の知恵。生きる上の知恵なんですよ。
素晴らしい。」と。

~ がばいばあちゃん語録 ~
 「学歴ないなら東へ行け」
今の奥様と知り合い、 「都会に行ってみない?」 という言葉から結婚という話に。
しかし、両方の家族から反対されてしまう。おばあちゃんの所に相談に行くと、
「人生一回しかないから、思ったようにやってみ。お前は学歴ないから、東へ行け。
日当が倍ぐらい違う。」 と言われ、何のあてもなく東京へ駆け落ちしてしまう。
する事もなく、お金も無くなり遊ぶだけ遊んで大阪にいる先輩を訪ねて帰る予定だった。
そこで先輩の奥様に 「花月 (演芸場) 見に行ったら、オモロイで。」 と言われ足を
運ぶことに。
初めて観るカフスボタンさんと仁鶴師匠。たまたま帰りに演芸場の裏手へ回ると、
ロールスロイスで出てくる仁鶴師匠と、ポルシェに乗ったカフスボタンさんと遭遇。
「15分喋って、あんなの乗れるのか。」 と思った島田さんは吉本へ行き、「漫才師に
なりたい。」 と決意してしまう。

~ がばいばあちゃん語録 ~
 「お金はいらない。5年間遊べ」
やがて漫才ブームが到来。その波にうまく乗り、最高月収8,400万円の時もあったとか。
お世話になったおばあちゃんにと、お金を持って佐賀へ行くと 「お金を持ってくる
もんじゃない。線香代だけ貰っておくから。」 と。
ブームも下火になり、暇が出来るようになった島田さんにおばあちゃんは 「5年間遊べ!
人生山あり谷ありと言うが、谷も自分から降りていけ!! 谷へ降りて身を清めたら、
もう一度山を登って行け。頂上は記念写真を撮る所で、長くいる所じゃない。」 と言ったとか。
その言葉に、有頂天になっていた島田さんは 「ハッ!」 と気付き、 「このままでは
いけない。」 と7年間遊ぶことに…。
しかし、この時間が貴重な時間となり、島田さんいわく 「普通が分かった」 時となった。
そして、又、一から山を登り始めることとなる。



スピリチュアル・メッセージ

江原さんはおばあちゃんの言葉を 「奥さんを連れてきた時に “いい人を連れてきた”、
“この人なら大丈夫” と思い、一安心している。お嫁さんを大事に!」 と伝えた。
そしてもう一つ、 「佐賀に引っ越したことを心から喜んでいる。」 と。

しかし、問題はお母様。
自分は許されていないという思いから、心が晴れていない。
原罪意識を持ち続ける母親と、母親の死を認めたくないという島田さんの思い。
お互いが気持ちをずっと引っ張り合い、親離れ子離れが出来ない状態でいる。
その状態をずーっと見ていたおばあちゃんが、お互いを自立させる為に、今回の
出演があったとか。



そして最後に…

これだけ本や映画がヒットしたことを、おばあちゃんはどう思っているのか?という
国分さんの質問に、江原さんは 「おばあちゃん個人としては “なぜ、自分がばあちゃん
なのか” という事が気に入らない。最初っから “ばあちゃん” で生まれた人間はいない。」
「自分としては心外だ!」 (笑) と、おばあちゃんのメッセージを伝えました。


今回の出演を機に、島田さんのお母様への思い、そしてその思いの誤解が解け、お互いに
自立した関係になっていくといいですね。
それにしても番組の最初から笑いに包まれ、なごやかな雰囲気の中で進行していった今回。
なんといっても “がばいばあちゃん” のセンスと存在感は圧巻でした。


スピリチュアル・メッセージ
お母さんが果たせなかった夢…
 家族が仲良く一緒に暮らすこと
今の家族の幸せな姿こそ
 お母さんとおばあちゃんへの
  何よりの供養です。


オーラの言葉
貧しい生活の中でしか
 学べない
  生活の知恵がある
苦あれば楽あり
 これも正負の法則



次回のゲストは
勝俣州和さんです。
悩みを一喝! 亡き祖父からのお叱りが…。             (にぃ3)    


当ショップのサイト、“DOUBLE EDGE -本館-” ならびに
“DOUBLE EDGEの小部屋” もあわせてご覧下さい。

★ ★ ★ ★ ★ウェブサイト★ ★ ★ ★ ★
DOUBLE EDGE 本編HPはコチラ♪
 http://www.doubleedge-jp.com/

★ ★ ★ ★ ★ケータイサイト★ ★ ★ ★ ★
ケータイHPはコチラ♪
 http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/doubleedge/

↓ ランキングに参加してます。ポチっとしてね♪


   
  

テーマ : アクセサリー全般
ジャンル : ファッション・ブランド

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*記事に無関係と思われるトラックバック・コメントは削除させていただきます。

コメントの投稿

非公開コメント

病は気からじゃないですが、息子が結構熱を出すようになり、最初はオロオロでしたが、こっちがオロオロすると息子は余計に病気になってしまうこと発見。多少の熱でも元気なら遊んで食べさせよく寝かす!結構今の所はそれで治ってます。息子が言葉が分かるようになったら「お前も40度まで出せる」を使い、励ましたいなと思います。
でも失礼かもしれないけど昔の貧乏生活を送っていた人はパワーがあるな~って思います。やはり物は無くとも心が宝なんでしょうかね?いまはどうしても物に価値を頼ってしまう世の中。豊かってなんだろうと思いなおしました。

オーラの泉 島田洋七編


ねこねここねこサマ。

息子ちゃん、心配ですね。
小さい子どもの病気の姿は、心が締め付けられる
ような思いになります。
早く元気になれ!息子ちゃん!!

現代、心の豊かさより、物質的な豊かさに走りがち。
ゆえに心の貧しい、人の心の痛みが分からない人達が
多いように感じます。

がばいばあちゃんの
“人にやさしくする時は~”の言葉に、
「なるほどなァ~」と勉強させてもらいました♪

まだまだ“物欲大魔王”のにぃ3は、
修行が足りないようです…トホホ。
プロフィール

みぃ3 & にぃ3

  • Author:みぃ3 & にぃ3
  • 東京都吉祥寺
    シルバーアクセサリー
    レザーアイテム革小物を、
    ショップオリジナルデザイン
    ハンドメイド手作り)にて
    制作、販売をしている
    DOUBLE EDGE”の
    ブログサイトです。
DOUBLE EDGE -ウェブサイト-

DOUBLE EDGE-モバイルサイト-

ブログパーツ


DOUBLE EDGE -ウェブサイト-

DOUBLE EDGE -ウェブサイト-


DOUBLE EDGE -モバイルサイト-

 DOUBLE EDGE -モバイルサイト-


DOUBLE EDGE -ブログサイト-

DOUBLE EDGE -ブログサイト-

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア